鏡を見る度に、ぽつぽつ広がる「そばかす」に、憂鬱になっていませんか?そばかすは、しみの一種として捉えられることが多いですが、小さなシミが一ヵ所ではなく、広範囲に広がっているため、コンプレックスに感じてしまう人も多いのだとか。こちらのページでは、「そばかすを消す方法」をご紹介します。

そばかすの種類と原因

そばかすは、大きく分けて、先天的なものと、後天的なものに分かれます。先天的なそばかすは、思春期になると症状が表れるようになり、大人になるにつれて、自然と消えていくように。後天的なそばかすは、自然と消えることはなく、むしろ、加齢とともに、症状が悪化する場合がほとんど。家系的にそばかすができやすいという体質をもつ人もいますが、過度な化粧、睡眠不足、ストレス、お肌によくないスキンケア方法、などが原因として挙げられ、大きい原因は紫外線によるものといわれています。

そばかすは「紫外線」が主な原因に。そばかすは、活性酸素が発生することで表れる症状です。活性酸素とは、体を酸化させ、さびや老化の原因といわれているもので、活性酸素が必要以上に増加してしまうと、肌が傷ついてしまい、メラノサイトが刺激を受け、外敵からお肌を守ろうと、メラニンが生成され、そばかすを作りあげてしまいます。お肌の内部に色素沈着し、時間が経つにつれて、広範囲に及んでいきます。そばかすを予防するには、紫外線からお肌を守るのはもちろんのこと、サプリメントの補給や、正しいスキンケア法を身につけることも重要です。

そばかすを消す方法は?

お肌に刺激を与え過ぎると、メラニン生成を促すことになり、そばかすを濃くしてしまう可能性が。洗顔後は、タオルで優しく水を拭き取るようにしましょう。また、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、たんぱく質などの栄養素を積極的に摂るようにします。

ビタミンAは、活性酸素を除去するβカロチンに変身し、お肌の味方になってくれる成分です。食生活を今一度見直し、バランスのとれた食事をとるようにしましょう。食べ物から摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどで代用してみてくださいね。

フォトフェイシャルでは、そばかすをどうやって治すの?

フォトフェイシャルの特殊な光を、そばかすの部分に照射することで、一時的に、肌にダメージを与えます。メラニンが肌の表面に浮き上がり、そばかすが濃くなったように感じますが、その内、ぽろりと皮膚が剥がれおち、そばかすを消すことができます。

肌の奥深くまで刺激を与えるので、そばかすだけでなく、しみ・しわ・赤ら顔・たるみ・美白にも効果的です。肌トラブルを起こしている場所だけでなく、複数の効果をもたらすのは、フォトフェイシャルならでは。しみ消しに悩んでいる方は、ぜひご検討を☆