肌のお悩み別!
フォトフェイシャルクリニック3選

シミ・そばかすを改善するなら

表参道スキンクリニック使用機器:BBL光治療機

美白効果を得たいなら!

城本クリニック使用機器:フォトオーロラ

アンチエイジングしたいなら!

共立美容皮膚科クリニック使用機器:ナチュライト

美肌になるには

「いくらお手入れしても、ニキビや黒ずみが目立つばかり…。」そのスキンケア、もしかしたら間違っているかも?こちらのページでは、美肌になれるご自愛メゾットをご紹介します。簡単なセルフケアから話題のフォトフェイシャルまで、徹底解剖!なかなか美肌になれない方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

フォトフェイシャルで、“美肌”になれるの?

「ハリがあってしみがない肌」が美肌の定義

美肌をあえて定義するならば、「ハリがあってしみがない肌」と言えるのではないでしょうか?

肌にハリがあれば、小じわや皮膚のたるみ、毛穴の開きなどが解消します。顔のしみを除去すれば、美白効果を得られます。これら以外に、美肌を定義する要素はありません。

美肌を目指す人は、ハリとしみの改善に意識を集中しましょう。

コラーゲン増産効果でハリを生み出すフォトフェイシャル

フォトフェイシャルから放たれる特殊な光は、皮膚の表面を通過して、皮膚内部の細胞に作用を及ぼす働きがあります。光で刺激を与えられた皮膚内部の細胞は活性化し、コラーゲンの生成を活発化。その結果、肌にハリがよみがえり、小じわ、たるみ、毛穴の開きなどの症状が改善していきます。

単なる光の力で肌にハリが生まれるのは信じがたい、という方は、色々な美容クリニックのモニター写真をチェックしてみてください。劇的な効果を得られることが分かるでしょう。

メラニン色素除去効果でしみを除去

フォトフェイシャルの光には、肌の浅い部分にある細胞を破壊する効果もあります。この部分は、しみやそばかすの原因となるメラニン色素が存在している部分。光によって破壊された細胞が肌から剥離されるとき、しみも一緒に剥がれ落ちていきます。結果、顔全体が透明感に満ちた美白へと変化することでしょう。 フォトフェイシャルのしみ除去効果は、1回の施術だけでも十分に実感できると言われています。

フォトフェイシャルで美肌治療ができる部位

顔の大半に治療が可能!しみ除去効果とハリ効果を同時にゲット

顔の中で、フォトフェイシャルができない部位は、眼球や眉毛など限られた部分のみ。気になるところがあれば、どこでも施術を受けることが可能です。 劇的な美肌効果を実感したいならば、第一に、しみを除去することをおすすめします。次に、目の下や目の横、口元などに施術をしてもらい、ハリをよみがえらせてみてはいかがでしょうか? もとより、フォトフェイシャルはこれら症状を同時に改善させる「複数の種類の光」を放つ装置。よって、たとえば目の横にしみがある方は、施術を受けることによって、しみ除去効果とハリ効果を同時に得ることができます。

「美肌」の基礎知識♪

「美肌」と聞いて、どんな言葉を思い浮かべますか?ゆでたまごのような赤ちゃんの肌をイメージする方が多いのではないでしょうか。美肌とは、ハリがあるきめ細やかな肌のこと、あるいは、皮膚疾患などにかからず、化粧をしなくても、十分に整っている肌のことをさします。美肌になるためには、お肌の水分を保つことが重要です。

スキンケアをやめるだけで、美肌になれちゃう!?

美肌になるためには、スキンケアや化粧を一切やめるというのも、1つの方法です。本来、日本人は色白で、美しい肌をもつ人が多い人種。しかし、戦後にヨーロッパから「メイク」が伝わり、必要以上に肌に負担をかけることに。手っ取り早く美肌になりたいのなら、スキンケアや化粧をやめてみましょう。化粧水やクリーム、ファンデーションで肌を塞いでいると、肌の新陳代謝が衰え、肌トラブルを悪化させてしまいます。肌トラブルが起きているときだからこそ、「何もつけない」が一番。ただし、職場にノーメイクでいくというわけにもいかないでしょうから、そういった場合は、薄いメイクを心がけましょう。若い方ほど、化粧を濃くする傾向があり、それだけ、肌にとっても負担がかかってしまっています。下地・ファンデーション・チーク、と最小限のメイクだけして、外出しましょう。

美肌美人は、お風呂で「汚れ」も「疲れ」もリセット!

美肌への近道として、「入浴」は欠かせません!入浴することで、全身の血行が良くなり、皮脂や老廃物を取り除き、心身ともにリラックスできます。日頃、ストレス過多の人が多いでしょうから、可能な限り、シャワーだけで済ますのではなく、きちんと湯船に浸かって、その日のうちに、疲れをとるようにしましょう。入浴後は、すぐにお肌を保湿して、水分を逃さないようにします。お風呂から上がってきたばかりは、水分が蒸発しないようにする“皮脂”もとれてしまっている状態。熱と一緒に水分が蒸発し、すぐに“乾燥肌”になってしまいます。自分の肌に合った保湿化粧水で、潤いをたっぷりとあげましょう!