美肌になるには

「いくらお手入れしても、ニキビや黒ずみが目立つばかり…。」そのスキンケア、もしかしたら間違っているかも?こちらのページでは、美肌になれるご自愛メゾットをご紹介します。簡単なセルフケアから話題のフォトフェイシャルまで、徹底解剖!なかなか美肌になれない方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

「美肌」の基礎知識♪

「美肌」と聞いて、どんな言葉を思い浮かべますか?ゆでたまごのような赤ちゃんの肌をイメージする方が多いのではないでしょうか。美肌とは、ハリがあるきめ細やかな肌のこと、あるいは、皮膚疾患などにかからず、化粧をしなくても、十分に整っている肌のことをさします。美肌になるためには、お肌の水分を保つことが重要です。

スキンケアをやめるだけで、美肌になれちゃう!?

美肌になるためには、スキンケアや化粧を一切やめるというのも、1つの方法です。本来、日本人は色白で、美しい肌をもつ人が多い人種。しかし、戦後にヨーロッパから「メイク」が伝わり、必要以上に肌に負担をかけることに。手っ取り早く美肌になりたいのなら、スキンケアや化粧をやめてみましょう。化粧水やクリーム、ファンデーションで肌を塞いでいると、肌の新陳代謝が衰え、肌トラブルを悪化させてしまいます。肌トラブルが起きているときだからこそ、「何もつけない」が一番。ただし、職場にノーメイクでいくというわけにもいかないでしょうから、そういった場合は、薄いメイクを心がけましょう。若い方ほど、化粧を濃くする傾向があり、それだけ、肌にとっても負担がかかってしまっています。下地・ファンデーション・チーク、と最小限のメイクだけして、外出しましょう。

美肌美人は、お風呂で「汚れ」も「疲れ」もリセット!

美肌への近道として、「入浴」は欠かせません!入浴することで、全身の血行が良くなり、皮脂や老廃物を取り除き、心身ともにリラックスできます。日頃、ストレス過多の人が多いでしょうから、可能な限り、シャワーだけで済ますのではなく、きちんと湯船に浸かって、その日のうちに、疲れをとるようにしましょう。入浴後は、すぐにお肌を保湿して、水分を逃さないようにします。お風呂から上がってきたばかりは、水分が蒸発しないようにする“皮脂”もとれてしまっている状態。熱と一緒に水分が蒸発し、すぐに“乾燥肌”になってしまいます。自分の肌に合った保湿化粧水で、潤いをたっぷりとあげましょう!

フォトフェイシャルで、“美肌”になれるの?

特殊な光を照射し、メラニン色素を刺激して、肌のターンオーバーを促し、「美肌」へと再生。しみ・しわ・赤ら顔・ニキビなど、様々な肌トラブルを改善、総合的な「美肌」を作り上げていきます。多くの芸能人がフォトフェイシャルに通い、「美肌」を維持しているそう。忙しくてなかなかお肌のメンテナンスに時間をかけられないような方でも、気軽に、取り組める治療です。日頃のセルフケアに、「フォトフェイシャル」をプラスして、ぷるるん美肌を目指していきましょう!