Warning: include(head_select3.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/smzk0011/www/info01552/12/mole.html on line 47

Warning: include(): Failed opening 'head_select3.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4.22/lib/php') in /home/smzk0011/www/info01552/12/mole.html on line 47

ほくろ画像

フォトフェイシャルのほくろ除去効果についてまとめました。果たしてフォトフェイシャルで、ほくろは消えるのでしょうか?

ほくろ除去とフォトフェイシャル

ここでは、フォトフェイシャルによるほくろ除去効果、および、自宅でほくろを薄くする方法などについて解説しています。フォトフェイシャルでしみが取れるのは有名ですが、ほくろはしみの延長のようなもの。施術を受ければ、ほくろも消えそうな気がするのですが…

ほくろを完全に取りたければ別の施術がおすすめ

フォトフェイシャルの得意技は、顔のしみを消すこと。しみを消せるならほくろも消せるだろう、と思いたくなりますが、残念ながらフォトフェイシャルでは、ほくろを完全に消すことはできません。

フォトフェイシャルの体験談の中には「ほくろが消えた」という声も散見されますが、それはあくまでも偶然の副産物。たまたま消える場合もありますが、消えないことがほとんどです。

ほくろを消したい方は、フォトフェイシャルではなく、別の施術を相談するようにしましょう。

フォトフェイシャルがほくろ向けの施術ではない理由

フォトフェイシャルは肌の「色」を検知して光が照射される仕組みですが、色は色でも、薄めの色に反応するという特徴があります。よって、しみやそばかすには反応しますが、真っ黒なほくろには反応しません。「フォトフェイシャルでほくろが消えた」とする体験談は、多くの場合、ほくろの色が薄めだったのではないでしょうか?

なお、万が一、色の濃いほくろや大きなほくろにフォトフェイシャルの光が反応してしまうと、ヤケド等につながる恐れがあります。そのため、一部のクリニックでは、ほくろを避けて施術しているところもあるようです。

ほくろを薄くする方法は?

ほくろ除去の栄養素やクリームは効果があるの?

ビタミンCやビタミンB2、リコピンなどの栄養素にほくろを消す効果がある、と言われることがあります。確かに、これらの栄養素はほくろの正体であるメラニン色素の生成を抑える働きがありますが、すでに出来てしまったメラニン色素のかたまり(ほくろ)を消すことはできません。

確実にほくろを除去したいならば美容外科でレーザー治療を

自力でほくろを除去できるならば、それに越したことはありません。しかしながら、過去何百年、何千年と人類が試したにも関わらず、自力で確実にほくろを消す方法が見つかっていないのも事実。無駄な抵抗は避けたほうが良いかも知れません。

確実にほくろを消したいのなら、美容外科のお世話になることがおすすめ。フォトフェイシャルでほくろを消すことは難しいですが、レーザー治療を受ければ、簡単・確実にほくろを消すことができます。

ほくろの種類と原因

ほくろの種類・原因

ほくろを大きく分けると、母斑細胞母斑(色素性母斑とも言う)と単純黒子の2種類があります。いずれも見た目では判別しにくいのですが、顕微鏡で覗くとまったく別物であることが分かります。

母斑性母斑の原因は、母斑細胞という細胞の増殖。一方で単純黒子は、母斑細胞が見られません。

なお母斑細胞母斑は、その細胞が増殖している部分に応じて、境界母斑、複合母斑、真皮内母斑の3種類に分けられます。また、母斑細胞母斑を先天性と後天性で分類する方法もあります。

ほくろの治療法

ほ盛り上がった大きなほくろを除去するには、一般にメスを使って切除を行います。悪性腫瘍の可能性も否定できないため、多くの場合は、保険診療の範囲内で切除手術を受けることができるようです。

美容目的で平坦なほくろを消す場合には、一般に炭酸ガスレーザーやQスイッチアレキサンドライトレーザーなど、レーザー治療を行います。美容目的である以上、治療費には保険は効きません。

トータルな美容治療を提供するクリニックに行くのがベター

フォトフェイシャルでほくろを消すことは、基本的にできません。ただし、しみと区別がつかないような色の薄いほくろならば、フォトフェイシャルで消せる可能性もあります。よって、ほくろを消す目的で美容外科を選ぶならば、フォトフェイシャルも通常のほくろ除去治療も、両方行っているクリニックを選ぶことが大事。ドクターがほくろの状況を診て、最適な治療法を提案してくれるからです。

最短距離かつトータルでの美肌を目指すため、少しでも幅広いメニューを用意している美容クリニックを選ぶようにしましょう。