一生懸命、スキンケアしているにも関わらず、ぽつぽつと表れはじめた黒ずみ(色素沈着)。色素沈着は、熱傷や外傷による炎症、あるいは慢性的な炎症、ホルモンバランスの乱れ、過度な日焼けによる炎症が原因として挙げられます。色素沈着の原因や予防法、フォトフェイシャルではどうやって治療していくのかをご紹介します。

色素沈着の種類と原因

色素沈着のほとんどが、炎症後に表れます。

  • 熱傷、外傷で炎症を起こした場合
  • 過度な日焼けによる炎症
  • 慢性的な摩擦・刺激による炎症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肌に合わない化粧品を継続的に使用している

などが、色素沈着の主な原因として挙げることができます。特に多いのは、日頃、知らない内に肌を傷つけてしまっているというケースです。洗顔時に、汚れを落とそうと、洗い過ぎてしまうと、肌にとっては逆効果に。

顔を洗い終え、爽快感のあまりに、タオルでゴシゴシ拭き取る人がいますが、これもまたNG。慢性的に摩擦を受け、気づけばお肌が黒ずみだらけ!なんてことも……。また、肌に合わない化粧品を使い続けているのも、色素沈着を進めてしまうことに。日頃取り組んでいるスキンケアが正しく行われているかどうか、改めて確認してみましょう。

色素沈着の治し方は?

色素沈着を治すには、睡眠を十分にとり、バランスのとれた食生活を送ることが重要。お肌にいい「ビタミンC」が多く含まれている食材を積極的にとるようにしましょう。

色素沈着事前に防ぐには、「紫外線予防」と「スキンケアの見直し」が必要です。日差しの強い時期だけ、UVケアをするのではなく、曇りの日、雨の日でも欠かさず行うようにしましょう。たとえお日様が出ていない曇りの日でも、UVA、UVBは地上へ降り注いでいます。色素沈着を進めてしまう「紫外線」は、徹底的にカットしていきましょう。

また、日頃行っているスキンケアの仕方をもう一度見直すことも重要です。顔や皮膚のこすり過ぎは絶対にNG!あまりにも、皮膚を強くこすり過ぎていると、本来もっている肌のバリア機能が破壊され、色素沈着が起きやすい環境になってしまいます。今まで一生懸命洗っていた人は、少し肩の力を抜いて、お肌に優しいスキンケア法に変えてみましょう。

フォトフェイシャルでは、どうやって“色素沈着”を治すの?

フォトフェイシャルでは、「色素沈着」も改善できます。フォトフェイシャルの光エネルギーを照射し、メラニンを表面上に浮かびあがらせ、お肌のターンオーバーを促進。一時的に色素沈着が濃くなりますが、しばらく経つと、ポロっと剥がれ落ち、つるんとしたお肌に生まれ変わります。

フォトフェイシャルは、しみ・しわ、赤ら顔など、あらゆる肌トラブルに効果的。お肌の再生だけでなく、コラーゲンも促進するので、ハリツヤある肌に。色素沈着はセルフケアだけで完治するのは難しいので、なかなか治らず苦労されている方は、一度、美容外科や皮膚科を受診してみると良いでしょう。「フォトフェイシャル」も、ぜひ検討してみてくださいね♪