肌のお悩み別!
フォトフェイシャルクリニック3選

シミ・そばかすを改善するなら

表参道スキンクリニック使用機器:BBL光治療機

美白効果を得たいなら!

城本クリニック使用機器:フォトオーロラ

アンチエイジングしたいなら!

共立美容皮膚科クリニック使用機器:ナチュライト

一生懸命、スキンケアしているにも関わらず、ぽつぽつと表れはじめた黒ずみ(色素沈着)。色素沈着は、熱傷や外傷による炎症、あるいは慢性的な炎症、ホルモンバランスの乱れ、過度な日焼けによる炎症が原因として挙げられます。色素沈着の原因や予防法、フォトフェイシャルではどうやって治療していくのかをご紹介します。

フォトフェイシャルでは、どうやって“色素沈着”を治すの?

色素沈着は皮膚の表層にあるメラニン色素

上述のとおり、色素沈着にはさまざまな原因がありますが、その大半は、何らかの理由によって皮膚の表層部分に定着してしまったメラニン色素です。

メラニン色素とは、肌に悪影響のある原因(紫外線、摩擦など)に対して、肌を守るために生成される細胞のこと。通常、生成されたメラニン色素は時間とともに消えていくものですが、肌への刺激が継続したときや、加齢などによって肌細胞に元気がなくなったときは、そのまま色素が残ってしまうことがあります。

ただし、メラニン色素は筋肉まで到達するような深い色素ではありません。肌の表層に存在する薄い組織です。よって、特殊な施術を受けることにより、組織ごと色素沈着を剥がしてしまうことができます。

フォトフェイシャルが皮膚表層の細胞にダメージを与える

上フォトフェイシャルから照射される特殊な光は、皮膚の表面ではなく、表面からやや中に入った皮膚の内部に働きかけます。光を浴びた皮膚内部の細胞はダメージを受けて死滅。時間とともに皮膚細胞はポロポロと剥がれ落ち、やがて新たな皮膚細胞が生まれます。

皮膚表層の細胞と一緒に色素沈着が除去される

このフォトフェイシャルの作用を利用して、色素沈着を除去することが可能です。 色素沈着が生じている部分にフォトフェイシャルの光を照射。すると、色素沈着のある肌内部の細胞がダメージを受け、破壊されます。その結果、光を受けた周辺の肌細胞とともに、沈着したメラニン色素も剥がれ落ちる、という理屈です。 フォトフェイシャルを受けた直後は、逆に色素沈着が悪化したように見えることもありますが、時間がたてば色素はポロポロと剥がれ落ちるので安心してください。

フォトフェイシャルで色素沈着の治療ができる部位

メラニンを原因とした色素沈着の大半を治療できる

色素沈着にはさまざまな原因があるので、すべての症状を改善できるわけではありません。ただし、メラニン色素を原因とした一般的な色素沈着であれば、問題なく除去することができます。

なお、色素の程度によっては複数回の施術を受けなければ消えないこともあります。費用に関連するトラブルを避けるため、事前に医師の説明をよく聞くようにしましょう。

色素沈着の種類と原因

色素沈着のほとんどが、炎症後に表れます。

  • 熱傷、外傷で炎症を起こした場合
  • 過度な日焼けによる炎症
  • 慢性的な摩擦・刺激による炎症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肌に合わない化粧品を継続的に使用している

などが、色素沈着の主な原因として挙げることができます。特に多いのは、日頃、知らない内に肌を傷つけてしまっているというケースです。洗顔時に、汚れを落とそうと、洗い過ぎてしまうと、肌にとっては逆効果に。

顔を洗い終え、爽快感のあまりに、タオルでゴシゴシ拭き取る人がいますが、これもまたNG。慢性的に摩擦を受け、気づけばお肌が黒ずみだらけ!なんてことも……。また、肌に合わない化粧品を使い続けているのも、色素沈着を進めてしまうことに。日頃取り組んでいるスキンケアが正しく行われているかどうか、改めて確認してみましょう。

色素沈着の治し方は?

色素沈着を治すには、睡眠を十分にとり、バランスのとれた食生活を送ることが重要。お肌にいい「ビタミンC」が多く含まれている食材を積極的にとるようにしましょう。

色素沈着事前に防ぐには、「紫外線予防」と「スキンケアの見直し」が必要です。日差しの強い時期だけ、UVケアをするのではなく、曇りの日、雨の日でも欠かさず行うようにしましょう。たとえお日様が出ていない曇りの日でも、UVA、UVBは地上へ降り注いでいます。色素沈着を進めてしまう「紫外線」は、徹底的にカットしていきましょう。

また、日頃行っているスキンケアの仕方をもう一度見直すことも重要です。顔や皮膚のこすり過ぎは絶対にNG!あまりにも、皮膚を強くこすり過ぎていると、本来もっている肌のバリア機能が破壊され、色素沈着が起きやすい環境になってしまいます。今まで一生懸命洗っていた人は、少し肩の力を抜いて、お肌に優しいスキンケア法に変えてみましょう。