数年前は気にならなかった“顔のたるみ”がここ最近目立つように…。顔がパンパンに丸くなり、気づけば、あごも二重あごに。もう遅いと半ば諦めかけている方、必見です!こちらのページでは、顔のたるみを改善する方法をご紹介します。ポイントは、無理せず、継続的にスキンケアを行うこと。

顔のたるみの種類と原因

たるみは、ヒアルロン酸と保湿力の低下、急なダイエット&リバウンド、顔の筋肉の衰えが原因です。人それぞれ、たるみの種類は異なり、もちろん、対処法も違ってきます。自分がどういった種類のたるみなのか、原因は何なのか、予め把握しておきましょう。

たるみの最も大きな要因は、コラーゲンやエラスチンの再生能力が低下です。
加齢、過度なストレス、睡眠不足、偏った食生活により、コラーゲンやエラスチンがうまく再生できなくなり、肌の弾力を失うことに…。朝、起きたとき、顔を指で押してみましょう。くっきりと指の跡が残るようであれば、たるみの症状が進んでいるサインです。たるみには、乾燥たるみという種類もあり、これは、ヒアルロン酸や保湿力の低下によって起きてしまいます。加齢とともに、肌の内側の水分が少なくなり、乾燥した肌は重力に逆らえず、ずどんとたるむように…。また、短期間で体重の増減があった場合も、たるみの原因になります。皮膚の伸び縮みが追い付かず、余った皮膚が“たるみ”に。

顔のたるみを解消する方法は?

たるみを解消するには、まず、肌弾力をアップする成分が多く含まれている基礎化粧水を選び、定期的にスキンケアをしていきます。ショウキョウエキス、イノンドエキスなどの植物エキス、銅や亜鉛などのミネラル成分が配合されていると尚良いでしょう。

乾燥たるみは、とにかく保湿することが重要。乾燥しやすい季節は、加湿器やミスト化粧水を使って、常に保湿しましょう。洗顔後、肌が突っ張るほど、ごしごしと水分をふき取るのはNGです。また、過度なダイエットはせず、平均体重を維持できるようにしましょう。せっかく、体重が減っても、「老けた」と言われたら、ショックですよね!

フォトフェイシャルでは、どうやってたるみを治療するの?

肌の水分が減少したことで起きてしまう肌の「たるみ」。フォトフェイシャルでは、特殊な光をつかって、真皮層の細胞を活性化させ、コラーゲンの再生を促し、キメ細やかな肌へと変身。たるみだけでなく、小じわやシミ、赤ら顔など複数の症状に効果的で、数回に分けて施術を受けるだけで、全くの別人に生まれ変われます。たるみにお悩みの方は、ぜひ検討してみてくださいね♪