肌のお悩み別!
フォトフェイシャルクリニック3選

シミ・そばかすを改善するなら

表参道スキンクリニック使用機器:BBL光治療機

美白効果を得たいなら!

城本クリニック使用機器:フォトオーロラ

アンチエイジングしたいなら!

共立美容皮膚科クリニック使用機器:ナチュライト

数年前は気にならなかった“顔のたるみ”がここ最近目立つように…。顔がパンパンに丸くなり、気づけば、あごも二重あごに。もう遅いと半ば諦めかけている方、必見です!こちらのページでは、顔のたるみを改善する方法をご紹介します。ポイントは、無理せず、継続的にスキンケアを行うこと。

フォトフェイシャルでは、どうやってたるみを治療するの?

肌の内部のコラーゲンを増やすとたるみは改善する

すでに説明したとおり、たるみの原因はコラーゲンやエラスチンの量の減少。コラーゲンやエラスチンは肌の中で自然に作られているものですが、加齢などの影響によって、その生産能力が低下します。結果、肌のハリが失われてたるみが生まれる、という仕組みです。

この理屈を逆から考えると、何らかの方法でコラーゲンやエラスチンの生産量を増やすことができれば、たるみは徐々に解消されるということになります。まずはこの理屈を理解しておくことが大事です。

真皮層の細胞を活性化させればコラーゲンが増産される

コラーゲンやエラスチンは、皮膚の真皮層と呼ばれる部分の細胞から作られます。これら細胞に元気がなくなったから、コラーゲンやエラスチンの量が減ってしまうのです。

よって、たるみを解消するためには、真皮層の細胞をふたたび元気にすることがポイント。細胞が元気になればコラーゲン等がたくさん生まれて、たるみが少しずつ改善していきます。

細胞を活性化させるフォトフェイシャル

真皮層の細胞を元気にしてくれる施術が、フォトフェイシャル。フォトフェイシャルから放たれる光には、真皮層まで直接届く種類のものもあります。他の層を傷付けることなく、真皮層の細胞のみを狙って刺激を与えるため、コラーゲンやエラスチンが効率的に増産。その結果、肌にハリや潤いが生まれて、たるみが少しずつ解消していく、という仕組みです。

フォトフェイシャルでたるみの治療ができる部位

軽度のたるみには十分な改善効果が期待できる

フォトフェイシャルで期待できるたるみは、比較的軽度のもの。目の下に現れた軽度のたるみ、鼻の両脇に現れた軽度のたるみ、毛穴が伸びたようなたるみ、などです。

ほうれい線を伴ってブルドック状にたるんだ頬や、指でつまむと皮膚が長く伸びるような首のたるみなどには、大きな効果を期待することはできないので、別の施術を受ける必要があるでしょう。

なお、たるみの治療を目的にフォトフェイシャルを受ける場合、1回の施術だけでは劇的な変化を実感できません。最低でも3~4回の施術を受けるようにしてください

顔のたるみの種類と原因

たるみは、ヒアルロン酸と保湿力の低下、急なダイエット&リバウンド、顔の筋肉の衰えが原因です。人それぞれ、たるみの種類は異なり、もちろん、対処法も違ってきます。自分がどういった種類のたるみなのか、原因は何なのか、予め把握しておきましょう。

たるみの最も大きな要因は、コラーゲンやエラスチンの再生能力が低下です。
加齢、過度なストレス、睡眠不足、偏った食生活により、コラーゲンやエラスチンがうまく再生できなくなり、肌の弾力を失うことに…。朝、起きたとき、顔を指で押してみましょう。くっきりと指の跡が残るようであれば、たるみの症状が進んでいるサインです。たるみには、乾燥たるみという種類もあり、これは、ヒアルロン酸や保湿力の低下によって起きてしまいます。加齢とともに、肌の内側の水分が少なくなり、乾燥した肌は重力に逆らえず、ずどんとたるむように…。また、短期間で体重の増減があった場合も、たるみの原因になります。皮膚の伸び縮みが追い付かず、余った皮膚が“たるみ”に。

顔のたるみを解消する方法は?

たるみを解消するには、まず、肌弾力をアップする成分が多く含まれている基礎化粧水を選び、定期的にスキンケアをしていきます。ショウキョウエキス、イノンドエキスなどの植物エキス、銅や亜鉛などのミネラル成分が配合されていると尚良いでしょう。

乾燥たるみは、とにかく保湿することが重要。乾燥しやすい季節は、加湿器やミスト化粧水を使って、常に保湿しましょう。洗顔後、肌が突っ張るほど、ごしごしと水分をふき取るのはNGです。また、過度なダイエットはせず、平均体重を維持できるようにしましょう。せっかく、体重が減っても、「老けた」と言われたら、ショックですよね!