フォトフェイシャルとは、IPLという光を照射し肌トラブルを改善する治療法であり、医療機関で受けることができます。フォトフェイシャルで使用するIPLという光は、通常のレーザーと異なり、波長の幅が広いのが特徴。複数の肌トラブルを同時に解決します。こちらのページでは、フォトフェイシャルのキホンから、レーザーとの違い、メリット・デメリットについて解説。

フォトフェイシャルとは

最先端のスキンケアとして注目を集める「フォトフェイシャル」。通常のレーザーと違い、お肌に優しい光を照射し、肌のターンオーバーを促します。肌の負担を最小限に抑え、術後の肌トラブルにも繋がりにくいため、美容医療に抵抗がある人でも、気軽に治療を受けられます。

顔全体に有効な光を当てていくことで、肌本来の機能を呼びさまし、自己再生能力をUP。肌トラブルが改善するだけでなく、ハリ・ツヤ・美白を実感でき、アンチエイジングの一環として取り入れている美容クリニックも多いです。

なんといっても、複数の悩みを同時に解決できるのが、フォトフェイシャルの魅力!シミ・そばかすの他に、毛細血管が広がって見える赤ら顔、毛穴の開き、細かいしわなど、あらゆる症状に効果を発揮します。安全で有効な光のみを使用するので、お肌を傷つけたり、かさぶたになるということも、あまりありません。

フォトフェイシャルの光の正体

フォトフェイシャルで使用する光は、IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる特殊な光です。肌に有効な光だけを皮膚に与え、再生を促進。皮膚に有害な紫外線を特殊なフィルターでカットしているので、様々な症状の中でも、「シミ治療」に適しているといわれています。

色々な種類の光が集まった幅広い波長の光で、カメラのフラッシュのようなやわらかい印象です。このIPLという光は沈着してしまったメラニン色素に反応するので、正常な組織を傷つけることなく、トラブルを起こしている場所だけ重点的に照射することが可能に。ナチュラルな美肌を目指すなら、やはり「フォトフェイシャル」でしょう!

フォトフェイシャルのメリット・デメリット

フォトフェイシャルの最大のメリットは、複数の肌トラブルを同時に解決できるという点です。通常のレーザーと違い、波長の幅が広いため、顔全体に光が行き届きます。メラニンにダメージを与え、シミやそばかすを改善するのと同時に、コラーゲンを生成する真皮層の細胞も活性化され、キメ細やかな肌に大変身。

また、レーザーのように肌を傷つけずに済むというのもメリットとして挙げられます。肌へのダメージが少ないため、炎症を起こしたり、かさぶたになることもほとんどありません。一方、デメリットとしては、効果に個人差があり、場合によっては1回の照射だけでは、効果を得られない方もいるかも。フォトフェイシャルは、一定の通院期間を要する場合が多いので、多少の“手間”はかかってしまいます。

フォトフェイシャルとフェイシャルエステの違い

フォトフェイシャルは主に肌トラブルを改善するために行う治療ですが、フェイシャルエステは、お肌を美しくするだけでなく、マッサージによる小顔や痩身効果を期待できます。マッサージで頬やあごの筋肉を刺激すると、血行が促進され、たるみやむくみにも効果的。定期的にフェイシャルエステに通えば、二重あごや下膨れを解消することも可能に!血の巡りがよくなり、美肌効果にも繋がりますよ。

一方、フォトフェイシャルはIPLという特殊な光を使用し、肌トラブルを改善しながらも、顔全体を引き締め、ハリ・ツヤある肌へと導きます。術後のダメージも少なく、施術後には化粧をして帰れるほど。どちらとも美肌に効果的であり、複数の効果を得られるという点では共通しています。