フォトフェイシャルは、シミ・そばかすといったメラニンが原因で起こる肌トラブルや、しわや赤ら顔などあらゆる症状を同時に改善することができます。こちらでは、各々の効果について詳しくご紹介。また、フォトフェイシャルは肌に優しい光を使用するので、肌の表面を傷つけず、ダウンタイムが少ないといわれていますが、副作用がまったくないというわけではありません。副作用などの注意点についてもまとめました。

フォトフェイシャルの効果

フォトフェイシャルは、IPL(インテルス・パルス・ライト)という光をあてることで、肌のターンオーバーを促し、キメ細やかな肌へと変身させます。

最大のポイントは、ひとつの悩みだけでなく、複数の症状を同時に改善できるということ。

シミ・そばかすのほかに、水分不足から生じるたるみ・小じわ、毛細血管が広がって見える赤ら顔、凸凹したニキビ跡、毛穴の開きなど、あらゆる症状に効果的といわれています。シミやそばかすが表れている場所にポイントで照射するレーザー治療とは異なり、フォトフェイシャルは顔全体にマイルドな光を照射。奥深くの細胞に直接働きかけ、肌本来のみずみずしさを取り戻します。

フォトフェイシャルの効果いろいろ

○シミ、そばかす
光が肌に沈着したメラニン色素に反応。全体的に照射することで、肌の表面が浮き上がり、一瞬、しみが濃くなってしまったようにみえます。しかし、あくまで一時的。表皮のターンオーバーが高まり、最終的には皮膚の代謝によって剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。
○たるみ、小じわ
しわやたるみは、「水分不足」が大きな原因に。フォトフェイシャルの光は、細胞に直接働きかけ、コラーゲンの再生を促します。気づけば、ぷるぷる潤い肌に。その結果、たるみや小じわが目立たなくなります。
○赤ら顔
顔が赤く見えるのは、毛細血管が広がっている状態。フォトフェイシャルの光を照射することで、毛細血管を収縮させ、赤みを抑えることができます。
○ニキビ、ニキビ跡
光がニキビの赤みや、色素沈着したニキビ跡に反応。コラーゲン再生が活性化されることで、ニキビ跡の凹凸が目立たなくなります。

フォトフェイシャルの副作用

フォトフェイシャルの光は、お肌に優しい光を使用しているため、肌の表面を傷つけることなく、肌トラブルを改善することができます。施術後のダウンタイムも少なく、安全性が確立された治療法といわれていますが、副作用が全くないというわけではありません。

例えば、効果が表れるようにと、必要以上に出力を上げてしまうと、やけどを起こしてしまう恐れがあります。照射時間や間隔、出力の度合いを誤ると、キレイになるどころか、肌トラブルに……。

そうならないためにも、信頼のおける医療機関を見つけ、カウンセリング時には、治療方法やアフターケアについて入念に確認するようにしましょう。トラブルを未然に防ぐためにも、クリニック選びは慎重に!