フォトフェイシャルで失敗しないためにも、「注意点」の事前確認は必須です。こちらのページでは「失敗の原因」や「クリニック・皮膚科の選び方」、「失敗しないためのポイント(注意点)」をまとめてご紹介します。

フォトフェイシャルで失敗しないためには

フォトフェイシャルは、肌に優しい光を使用しているため、失敗することはほとんどありません。ただし、受ける医療機関によっては、稀に失敗を招いてしまうケースもあります。せっかく費用をかけてキレイになるなら良質な医療機関、担当医師を選びたいもの。医師が施術する、カウンセリング重視など、クリニックを選ぶうえでのポイントをご紹介します。

フォトフェイシャル失敗の原因

フォトフェイシャルを行っている医療機関は数えきれないほど多くあります。料金設定も様々、使用している機器や施術者の技術も異なってくるでしょう。 フォトフェイシャルを受けて失敗したというのは、誰もが避けたいこと。そうならないためにも、受診する医療機関は、慎重に選ぶべきです。フォトフェイシャルは、元々肌に優しい光を使用しているため、失敗することはほとんどないといわれています。ただし、施術者の技術が効果を大きく左右することに。 いくら肌へのダメージが少ないとはいえ、患者の症状や肌質に合わせて、照射間隔や時間を細かく調整する必要があり、施術者には高度な技術が求められます。フォトフェイシャルで失敗しないためにも、クリニック選びは入念に行いましょう!

クリニック・皮膚科の選び方

フォトフェイシャルは立派な“医療行為”。本来、医療行為は医師だけに許されていますが、なかには、医師の代わりに看護師が施術を行う場合があります。しかし、これは「違法」。適切な医療機関とはいえず、おそらく、良質な治療は受けられないでしょう。患者に適した治療プランを提案してくれるか、カウンセリングに時間をかけてくれるか等、患者の視点になって治療を進めてくれるクリニックを選ぶのが賢い選択といえます。

また、「フォトフェイシャル協会」に加盟しているかどうかも、判断基準に。協会に加盟していないにも関わらず、フォトフェイシャルを行っている医療機関もあるようなので、注意を払う必要があります。クリニックを選ぶときは、「フォトフェイシャル協会」に加盟していること、医師が施術に当たり、事前と事後のカウンセリングがしっかりしているかどうかを確認するようにしましょう。

フォトフェイシャルの注意点

フォトフェイシャルを受けるうえで、いくつか「注意事項」があります。治療を検討する際には、予め注意事項を確認し、失敗を未然に防ぎましょう。

『フォトフェイシャルを控えた方がよい方』

  • ・極度の日焼けをしている
  • ・光(日光)アレルギーがある
  • ・てんかんの持病を持っていて光で発作を起こす可能性がある
  • ・心臓病・糖尿病・アルコール中毒などの持病を持っている
  • ・妊娠中・妊娠の可能性がある

また、治療後は肌が敏感になっているため、日光の影響を受けやすい状態に。 以下のようなことには十分注意しましょう。

  • ・しばらくは、日焼け止めや帽子、日傘などで十分な紫外線対策をする
  • ・長時間、直射日光に当たらない
  • ・かさぶたができた場合は、自然にはがれるまでさわらない

治療を施す側ばかりに焦点をあてるのではなく、治療を受ける側も、注意を払わなければいけません。フォトフェイシャルで失敗しないためにも、注意事項は必ず目を通しておきましょう。